こんなに違う!日本と海外の年の瀬。

イエスキリストの誕生日を祝うクリスマス。日本でも恒例の行事の一つとして定着してきましたよね。

クリスマスの季節になるとイルミネーションが綺麗に飾られたり、それを観に行くたくさんのカップルや家族で街はにぎわいますが、実は、年の瀬の行事には、日本と海外で大きな違いがあるんです。

日本では、クリスマスにはカップルや友達と過ごすスタイルが主流となりました。お正月になると、家族や親戚が集まり、これからの1年の平和を願いますよね。
外国では、カードやプレゼントを12月24日までに送りあい、そのプレゼントやカードでお部屋の飾り付けをします。24日には家族や親戚が集まり、ディナーやゲームをして楽しいひとときを過ごし、キリストの誕生日を迎える準備をします。そして25日の朝に、ツリーの下に置かれたこの1年のご褒美となるプレゼントを戴くとともに、その素晴らしい年を過ごせた事に対してキリストに感謝をし誕生日をお祝いします。そして、お正月(ニューイヤー)のときにはカップルや友達と出かけたり、パーティーをしたりという過ごし方です。
日本と外国では年越しとクリスマスの過ごし方が真逆なのです。

最近では、日本でもバレンタインやハロウィンの行事を行ったり、海外のイベントが定着しつつあります。
では、日本特有の文化的建物である神社などではクリスマスのお祝いはしないのでしょうか?そうではありません。神社の鳥居を綺麗にイルミネーションし、イベントを行っている所も全国には多数あります。神道とキリスト教の融合は私たちが住む日本でしか体験できません!大々的に行われているイルミネーションイベントに出掛けるのも良いですが、日本でしか味わえないクリスマスを過ごしてみるのも楽しく、ゆったりとした時間を過ごせますよ。

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>