クリスマスの本来の意味。

日本人のみなさんは「クリスマス」と聞くと何を思い浮かべますか?

一般的に、子どもにとってはサンタクロースが夜の間におうちに来て朝起きたらプレゼントが置いてある、大人になればイヴには恋人と、当日には家族と一緒に楽しい時間を過ごすといった嬉しいことを思い浮かべる人が多数を占めるでしょう。

けれど、本来の意味を知ってその日を過ごしている人は数少ないのではないでしょうか?ここでは、本来の意味を説明していきます。

クリスマスとは、イエス・キリストが生まれたことを祝う行事(お祭り)が一般的とされています。前日である24日はイヴとされ、最も華やかな行事がなされる日なのです。現代の日本ではその習慣としてツリーを飾る、プレゼントを送ったり交換する、ケーキや七面鳥を食べる等があげられますね。けれど、キリスト教圏の国では前文であげたことよりもイエス・キリストのご生誕をお祝いすることが何よりも大切なこととされています。
また日本ではあまり知られていませんが12月6日は、サンタクロースのモデルとなった「聖ニコラウス」の命日でありサンタクロースをお祝いする日とされています。

クリスマス以外にも日本にはお正月やお盆休みなどさまざまな行事がありますが、本来の意味を知らずにその日を過ごしている人も少なくはありませんね。楽しい時間を過ごせることは本当に幸せなことです。けれど、その行事本来の意味を理解し過ごすことも大切なことでしょう。

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>